カフェインについて

カフェインとは

カフェインとは、18世紀にコーヒーから単離された有機化合物で、コーヒー(Coffee)に含まれていることから、カフェイン(Caffein)と命名されました。コーヒーの原料であるコーヒーノキのほかにも、チャノキやカカオ、ガラナなどの食品にも含まれており、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココアなどの飲料、チョコレートなどの加工食品などにも含まれています。
また、カフェインには鎮痛補助作用があることから、総合感冒薬や鎮痛剤などの医薬品に添加されている場合もあります。

カフェインの良い作用

カフェインの代表的な効果、作用としては、「覚醒作用」と「鎮痛作用」があげられます。
カフェインは、睡眠物質であるアデノシンやメラトニンに作用することで、覚醒作用を生みます。眠気が覚める効果をもたらすほか、ドーパミンを刺激して集中力を向上させる効果もあります。
また、脳血管の収縮作用がおこり、頭痛などの鎮痛に効果を発揮します。総合感冒薬や解熱鎮痛剤などの医薬品に用いられているのはこのためです。
その他、筋肉収縮作用による運動機能の向上や疲労回復効果があるほか、交感神経に作用することで基礎代謝を上げる一方で、リパーゼという脂肪を燃焼させる効果のある酵素を含んでいるため、ダイエットへの効果も確認されています。
ただし、いずれの作用も、カフェインを大量に摂取することで効果が倍増するということはありませんので、あくまでも適量を摂取することが肝要です。

カフェインの副作用

カフェインを摂取することによる直接的な副作用としては、「不眠」「利尿」「高血圧」などがあげられます。
睡眠物質に作用することによる覚醒効果を生むため、摂取する時間帯によっては不眠症を引き起こす可能性もあります。カフェインの覚醒作用の持続時間はおよそ12時間程度と言われておりますので、朝や昼に摂取する分には影響は少ないと言えます。また、夜間に摂取しない方がよい理由のひとつとして、利尿作用もあげられます。これは血管の収縮作用により腎臓の血管にも圧が高まることで水分を体外に排出する効果が高まるためです。
同時に、交感神経への刺激により高血圧症状も引き起こすため、血圧が高い方は摂取量を控えるなどの対策が必要です。

カフェインの中毒症状

何よりも、カフェインの副作用というのは、摂取することによる直接的なもの以外に、適正量を超えたいわゆる過剰摂取による中毒症状が最も恐ろしいとされています。
主な症状としては、「落ち着きがなくなる」「緊張感」「感覚過敏」「多弁」「不安」「焦燥感」「気分高揚」「一時的な不眠症を生じる」「精神錯乱」「妄想」「幻覚」「幻聴」「パニック発作」「取り乱す」といった精神症状から、「胃痛」「胸痛」「吐気」「嘔吐」などの消化器症状、「心拍数の増加(時に不整脈)」「心筋収縮の促進」「心室細動」「血流増大」「動悸」「呼吸が速くなる」「頻尿」などの循環器症状、「一時的な筋骨格の持久力増進」「振戦」「むずむず感を生じる」「足がつるなどの痙攣」「歩行困難」「瞳孔拡大」「赤顔」「頭痛」といった身体症状まで、軽重の程度はあれ、様々な中毒症状が報告されています。

カフェインの正しい摂取について

中毒症状が重篤となるのは、短期間における過剰摂取が最大の原因とされています。
カフェインには特異的な解毒剤や拮抗薬がないため、時間の経過とともに血中濃度を低下させる対処療法しか取れないと言われています。そのため、摂取量を正しく守り、適量に努めることがとても大切なことなのです。
世界保健機構(WHO)の発表では、健康な成人で400mg/日、妊婦で200~300mg/日とされており、米国小児科学会では12~18歳で85~100mg/日が健康に影響のないカフェインの摂取量、とされております。
一部では、1時間以内に体重1kgあたり6.5mgを摂取するとその半数が、また3時間以内に体重1kgあたり17mgを摂取するとほぼ全員が、何らかの中毒症状を発症する、という発表もあります。単純計算ですが、体重60kgの人であれば、1時間に390mgを摂取した場合にその半数が、3時間以内に1,020mgを摂取した場合にほぼ全員が発症する、という計算です。
マッドクロック1缶には95mgのカフェインが含有されておりますので、1時間に約4本以上を飲むと半数が、3時間に約10本以上を飲むとほぼ全員が発症するという計算になりますので、くれぐれも短期間での過剰摂取は絶対にしないよう、注意してください。

一般的な飲料に含まれるカフェインの含有量

マッドクロック 1缶(190ml) 95mg
玉露 1杯(150ml) 180mg
ドリップコーヒー 1杯(150ml) 90mg
インスタントコーヒー 1杯(150ml) 85mg
ココア 1杯(150ml) 50mg
紅茶 1杯(150ml) 45mg
緑茶 1杯(150ml) 30mg
ウーロン茶 1杯(150ml) 30mg
ほうじ茶 1杯(150ml) 30mg
玄米茶 1杯(150ml) 15mg
コーラ 1杯(150ml) 15mg